保育士通信教育免許 ユーキャン

保育士の資格取得ならユーキャンがオススメ! まず無料資料請求からどうぞ♪

ユーキャンの保育士講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪

保育士の資格・免許試験の受験資格とは

保育士とは保母さんや保父さんのことです。平成11年4月の児童福祉法改正により名称が変更になりました。少子化の世の中ではありますが、政府の保育園待機児童0作戦や会社併設の保育所の急増などで、保育士の需要は増加しており、保育士の通信教育などでその資格・免許を取る人も増えています。


保育士の資格・免許を取得するには、保育士を養成する講義を行っている大学・短期大学の通信教育または夜間講義を受け、所定の単位を修得して卒業する方法があります。この方法で保育士の資格・免許をとるのは社会人になってから保育士を目指す人が多いです。また、最も難易度の高い、各都道府県が実施する保育士資格試験に自力で合格して保育士の資格・免許する取得する方法もあります。


保育士の通信教育や夜間の保育士の専門学校に通って保育士資格・免許をとれない方でも、児童福祉施設において5年以上児童の保護に従事した経験を有する方、学校教育法による高等学校若しくは中等教育学校を卒業され、かつ児童福祉施設において2年以上児童の保護に従事した経験を有する方ならその対象になります。


また、外国において、学校教育における14年以上の課程を修了された方であれば通信教育を受けていなくても保育士資格試験を受験できます。

保育士の資格・免許を通信教育で取得する

保育士資格試験受験のために短大・大学や専修学校の保育士の通信教育を選んでも、3年で卒業はなかなか困難なうえに、自宅外の授業はスクーリングだけでなく保育実習などもあるので、自宅外の授業の時間をやりくりする労力は他の学科の倍になってしまいます。時間に不規則な仕事をされている方には通学は考えものです。


現在社会人として働いていて全日制の学校には通うのが難しく、保育士の通信教育で頑張ろうと思っている方には、ユーキャンなどで自分で勉強して保育士試験を受験する場合と、短大などの通信教育学部で勉強して保育士試験を受験する場合があります。自力で続けるには強い意思が必要です。


保育士試験に合格してもその資格は3年間しか有効でないので、3年で7科目しか合格しなかったら、4年目は「残り1科目」+「1年目に合格だったもの」をさらに受験しなければいけません。費用面を考えると保育士の単位の取得できる短大・専門学校などよりは一般の保育士の通信教育を選ぶ方が多いようです。


また、短大などの保育士の通信教育学部に通った場合は、実際に講師にその場で教えてもらうことができ、実践的な科目も多いところが魅力ではありますが、この場合最短でも保育士資格取得までに3年はかかってしまい、また働きながらスクーリングに行けるかが心配されます。働きながらの場合は保育士の通信教育をおすすめします。

ユーキャンの保育士通信講座について

保育士資格・免許取得のために自宅でできるユーキャンの通信教育を受講する人が増えています。保育士の仕事は年齢に関係なく続けられ結婚・出産も経験として活かせることから女性にとっては特に有利な資格といえます。


ユーキャンの保育士の通信教育が人気の理由に「短大・専門学校なら2〜3年かかるところを、はじめての方が12ヵ月で試験に合格できる実力を養える特別プログラム」というのがあるでしょう。また教材もイラストや写真がたくさんでわかりやすく、添削指導やサポートも充実しています。


ユーキャンのホームページでは実際に保育士の通信教育を受講して、保育士の試験に合格したという人の声もみることができます。まずはユーキャンの無料資料請求がオススメ!


ユーキャン保育士通信講座 >>> まずは無料資料請求からどうぞ♪

保育士の仕事と求人について

保育士の仕事は介護や福祉の現場でも活躍の場が広がっています。また、年齢に関係なく続けられること、結婚・妊娠や出産の経験も仕事に活かすことができます。

保育士の資格を持っていると、保育園(保育所)だけではなく、保育所・児童養護施設・障害児施設・肢体不自由児施設・母子生活支援施設・児童厚生施設(児童の遊びを指導する者)・児童自立支援施設など様々な児童福祉施設で働くことができ、ますますその可能性は広がってきています。